人狼物語 深海国 青サーバー


816 【突発誰歓】ハロウィンを待ちわびる【ランダ村】

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


【秘】 "統率者" 死神 アーサー → スイレン

[朝日に照らされる部屋がある。

机の上には、読むのを途中で諦められた本が無造作に開かれ、カーテンを揺らす朝の爽やかな風がページを捲る。

壁には立派な剣や槍が飾られ、戦う事を忘れない様にと、いつでも使えるように手入れが施されていた。

そんな部屋の隅、豪華なベッドの中で、沈むように眠る男が一人。]


Zzz ...

[いつも使用人が起こしに来るまで起きることは無い。

むしろ、起こしに来てもなかなか起きないというのが平常だ。

その為、起こしに行く使用人は当番制。

今日はスイレンの日だった。]

(-133) 2016/10/10(Mon) 05時頃

【独】 水の巫女 スイレン

/*
素敵なアーサーのロルがあるけど、頭痛くて返せる気がしない。(37.3度なう。)

(-137) 2016/10/10(Mon) 06時半頃

スイレンは、起き上がった。

2016/10/10(Mon) 06時半頃


【秘】 スイレン → "統率者" 死神 アーサー

…そろそろ起こしに行く時間ですね。

[朝起きてから1時間、屋敷の掃除をしていた。
廊下の掃き掃除を一旦止め、主を起こしに向かう。

主の部屋の前に立ち、コンコンと戸を叩く。]

失礼します。

[主は起きているのでしょうか?きっと寝てると思いますが。
と、思いながら戸を開けると、ベッドから優しい寝息が聞こえた。]

アーサー殿、朝ですよ。起きてください。

[ゆすったりはせず、声をかけるだけ。]

(-138) 2016/10/10(Mon) 06時半頃

【秘】 "統率者" 死神 アーサー → スイレン

[心地よい眠りの底から、招くような声が聞こえてくる
けれどそれは航海の最中に聞こえる海魔女の歌声の様で]

んん……

[その声に応じるのはいけない気がして、微睡みに漂う。]

(-140) 2016/10/10(Mon) 07時頃

【秘】 スイレン → "統率者" 死神 アーサー

アーサー殿、アーサー殿…。

[やっぱり声だけじゃ起きませんね、とボソッと呟いた。]

おーきーてーくーだーさーーい。

[肩をポンポンと叩いた。]

(-141) 2016/10/10(Mon) 07時半頃

【秘】 "統率者" 死神 アーサー → スイレン

[微睡みの中に震えがやってくる。
それに合わせて誰かを呼ぶ声、人を呼ぶ声、自分を呼ぶ声がする。

邪魔しないでくれと言いたくて、少しだけ瞳を開けばそこには海魔女が居て]

まだ……

[それだけぽつりと零すと、また微睡みへと戻っていく。]

(-142) 2016/10/10(Mon) 07時半頃

【秘】 スイレン → "統率者" 死神 アーサー

………。はぁ。

[起きそうにない主に思わずため息をついた。]

まだ、じゃないです。
朝ごはん冷めちゃいますよ、アーサー殿。

[さっきより少し強めに肩を叩く。]

(-143) 2016/10/10(Mon) 07時半頃

【秘】 "統率者" 死神 アーサー → スイレン

[微睡みに戻ろうとしても、引き戻そうとする震えがある。
どうしたものかと、目を開けてその震えへと手を伸ばすと]

もう少し、だけ

[君も一緒にと、布団の中へ引きずり込もうと]

(-145) 2016/10/10(Mon) 08時頃

【秘】 スイレン → "統率者" 死神 アーサー

もう少し…って…、

[呆れて肩を落としていたら、手をくいっと引っ張られ]

あ、アーサー殿…!?

[そのまま、布団へと。
主の隣へ引きずり込まれた。]

(-146) 2016/10/10(Mon) 08時半頃

【秘】 "統率者" 死神 アーサー → スイレン

[微睡みを揺らす震えは無くなって、
代わりに得たのは暖かく柔らかいもの。

寝ぼけながらもその位置を満足のいくものとすると]

うん

[と、満足そうな声を漏らして、また安らかな寝息を立て始めた。]

(-148) 2016/10/10(Mon) 08時半頃

【見】 水の巫女 スイレン

おはようございます。
体調はそこそこ。朝起きた時はお熱ありましたけど、今は微熱です。

そろそろお出かけのお時間です。

(@9) 2016/10/10(Mon) 09時半頃

【秘】 スイレン → "統率者" 死神 アーサー

うん…じゃないです。
アーサー殿、アーサー殿。
お、起きてください。

[距離が近すぎて、体が火照って、主の顔を見ることは出来ず。
戸惑いながら、主の頬をぺちぺちと叩く。]

(-171) 2016/10/10(Mon) 09時半頃

【秘】 "統率者" 死神 アーサー → スイレン

[暖かく柔らかいそれを抱いて、再び微睡みの中に漂っても
やはり直ぐ引き戻そうとする声があって、頬も叩かれている
と、思考がようやく繋がり、目覚めの時間だと気付く。

重い瞼を開ければ明るさが視界を覆って、更に]

……やぁ、おはよう? スイレン君

[自分の腕の中にいる少女の姿。
暖かいのは彼女だったかと納得しながら、少し気まずそうに問う。]

やっぱり、僕が引き入れたの?

[つまり常習犯だ。]

(-274) 2016/10/10(Mon) 15時頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:スイレン 解除する

裏方に (3人)

スイレン
0回 注目
村を出た人達

一括操作

全員表示
全員非表示
反転表示

発言種操作

↓発言種別フィルタ↓

全て
通常発言
独り言
内緒話
囁き
共鳴
念話
絆話
恋話
誘惑ログ
交信ログ
悪戯会話
精霊会話
死者のうめき
裏方
削除発言
管理系

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.82 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
管理: robin645
共同運営者: 要 亜希