人狼物語 深海国 青サーバー


672 【突発RP村】エーテルの溟海【R18】

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


三國 月夜は投票を委任しています。


九条 葵は投票を委任しようとしましたが、解決不能でした。


黒冬 和馬は投票を委任しています。


赤兎 泉は投票を委任しています。


黒猫 九条 葵に投票した。


三國 月夜 九条 葵に投票した。


九条 葵 黒伏 曜に投票した。(ランダム投票)


水陰 那月 九条 葵に投票した。


黒冬 和馬 九条 葵に投票した。


黒伏 曜 九条 葵に投票した。


国代 伊依 九条 葵に投票した。


竜胆 薫 九条 葵に投票した。


赤兎 泉 九条 葵に投票した。


山吹 日明 九条 葵に投票した。


久我 辰生 九条 葵に投票した。


吾妻 斎 九条 葵に投票した。


七瀬 八宵 九条 葵に投票した。


九条 葵12人が投票した。
黒伏 曜1人が投票した。

九条 葵は村人の手により処刑された。


時は来た。村人達は集まり、互いの姿を確認する。
犠牲者はいないようだ。殺戮の手は及ばなかったのだろうか?


現在の生存者は、黒猫、三國 月夜、水陰 那月、黒冬 和馬、黒伏 曜、国代 伊依、竜胆 薫、赤兎 泉、山吹 日明、久我 辰生、吾妻 斎、七瀬 八宵の12名


水陰 那月

>>2:195
お互い無事にまた再会できるようにしようね

[またどこかの扉へと向かっていく吾妻を二人で見送った*]

(0) 2015/11/23(Mon) 02時頃

竜胆 薫


“おとこでなければ、ならなかった”


[黒冬の言葉を繰り返す。
ぼんやりと、操られた人形のように温度のない声で。
自分は一体何なのだろう。
そうであるなら、どうして、誰のために、そう在ろうとしたのか。

頭の中がぐちゃぐちゃになる。

そんな中でも黒冬の声は鮮明に届くことに、安堵する自分がいる。
大丈夫、だいじょうぶだ。
まだ平気だ。
抱き寄せられ、細く息を吐き出す。
促されるままにベッドに腰掛けても、手は離さない。]

(1) 2015/11/23(Mon) 02時頃

黒猫

―エーテル空間―

[ひとつの蒼色が光を放ち
 収束した光線となって、扉に吸い込まれていく。

 九条葵という人物は、
 「境界空間」で全てを思い出すだろう。

 そしてまた一つ、扉が消えた。*]

(2) 2015/11/23(Mon) 02時頃

竜胆 薫



……ぎゅって、して。
さっきみたいに。

ほんの少しだけそうしていられたら、僕、――まだ頑張るから。


[今度はこちらが縋るように。*]

(3) 2015/11/23(Mon) 02時頃

七瀬 八宵

全くね。
私をよくもダシに使ってくれたわね。

[このこの、と>>2:193彼女に向かって笑いかける。
視線を伏せた彼女に、上から]

……記憶。戻り始めたのかしら?
それとも、扉で何か、見た?

[先程は詳しくは聞かないと思っていたけれど。
今は、彼女の言葉を聞いてみたくて]*

(4) 2015/11/23(Mon) 02時頃

黒猫は、メモを貼った。

2015/11/23(Mon) 02時頃


竜胆 薫 がまとめメモを更新しました。


(村建て人)は、メモを貼った。

2015/11/23(Mon) 02時頃


三國 月夜は、メモを貼った。

2015/11/23(Mon) 02時頃


吾妻 斎

[那月>>0の言葉にこくりと頷き、
微笑み手を振って、暫く。]



  ……「ナイフ」を、探そう。


  それは「殺意」に紐づいている気がした。
  それは「悔恨」を呼んだ気がした。

  それが己の「過去」をあらわすなら、
   何を傷つけたかったのか、
   何を守りたかったのか

      「わからない」けれど。

「人魚」なんて抽象的すぎる言葉を頼りにするよりは
きっとマシな筈だ。

そう思って扉を眺めて――、
惹かれた扉に、飛び込んだ。**]

(5) 2015/11/23(Mon) 02時頃

吾妻 斎は、メモを貼った。

2015/11/23(Mon) 02時頃


吾妻 斎 がまとめメモを更新しました。


黒伏 曜


 やっぱり、隠せなかったですね。

[>>4 軽口と共に笑みを見せる八宵に、苦笑で応える]
  
 ええ、記憶の大部分は戻ったと思います。 
 過去の私、本物のろくでなしでしたよ。 
 
 ……聞きたいですか?
  
[曜の本性を見ても、それでも変わることのない彼女に。
むしろ、聞いてほしいかったのだ*] 

(6) 2015/11/23(Mon) 02時半頃

三國 月夜

―都会の夜の浜辺―

[扉を潜ると、さくりと砂を踏んでいた。
 穏やかな波の音がする。ここは、浜辺。

 夜であるとわかったのは、その足元が薄暗いことと、
 遠くない距離に、幾つもの夜景が見えたから。
 見上げる形のものを夜景というのかわからないが
 それは歓楽街とは違う、綺麗な都会のイルミネーション。]

 ……。

[危険は、今のところ、なさそう。

 人の気配もないが、こんな美しい夜の浜辺は
 普通はカップルの人気スポットなのではないだろうか。]

(7) 2015/11/23(Mon) 02時半頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

生存者
(5人 10促)

三國 月夜
21回 注目
水陰 那月
22回 注目
赤兎 泉
13回 注目
山吹 日明
24回 注目
七瀬 八宵
4回 注目

犠牲者 (5人)

ジャック バニッシュ
0回 (2d)
黒冬 和馬
26回 (5d) 注目
黒伏 曜
0回 (5d) 注目
国代 伊依
39回 (5d) 注目
竜胆 薫
27回 (5d) 注目

処刑者 (4人)

九条 葵
4回 (3d) 注目
吾妻 斎
7回 (4d) 注目
久我 辰生
38回 (5d) 注目
黒猫
3回 (6d) 注目

突然死 (0人)

舞台に (0人)

村を出た人達

一括操作

全員表示
全員非表示
反転表示

発言種操作

↓発言種別フィルタ↓

全て
通常発言
独り言
内緒話
囁き
共鳴
念話
絆話
恋話
誘惑ログ
交信ログ
悪戯会話
精霊会話
死者のうめき
舞台
削除発言
管理系

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.2 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
管理: robin645
共同運営者: 要 亜希