人狼物語 深海国 青サーバー


1182 ―海底の時計屋さん―

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


アクリアは今日もにぎやかだ


時計屋店主代理 エルマー

『 君が帰る日を 
  俺はずっと、 待っていた 』

(0) 2019/12/04(Wed) 00時頃

2人目、人魚 セレナ がやってきました。


【見】 人魚 セレナ

 律儀なことね。
 ……いいわ、エルマー。

 これが最後。

[ 桜色のヒレをなびかせて、
 人魚は水中を軽やかに泳ぎ、
 隣国から手紙を投函する――。

 しかし。 ]

(@0) 2019/12/04(Wed) 00時頃

疑心の影(村建て人)

 ―― 災い ――

 今から数年前、この国は大いなる災害に
 苛まれた。

 未曾有の水流竜巻である。
 海底に有るものすべてを巻き込んで成長した
 竜巻は数々の資源、命、を破壊した。

 錬金術師達が施してくれた防護壁のおかげで
 都の中には被害はなかったものの、
 運送屋や、行商人、配達人は、
 多大な被害を受けたという。

 とくに、外国からの手紙や依頼書、
 それらが散り散りバラバラになって
 しまったことは、国民であればきっと
 
 覚えがあることだろう。

 桜色の人魚の手紙は、被害に巻き込まれ
 届けられることは、なかった。

(#0) 2019/12/04(Wed) 00時頃


疑心の影(村建て人)

 ―― 海底の都「アクリア」 ――

 外国からの招待客が、潜水艦からぞろぞろと
 降りてくる。少々面倒な入国手続を終え、
 港を出れば、そこは――海底の都。

 地上では珍しい、人魚やセイレーン、精霊
 彼らが心安らかに暮らす、水の都。

 東へ出れば宿場区、西へ出れば商業区へと
 続き、宿場区の北には公共区、
 商業区の北には居住区が存在する。

 都中至るところに存在する水路には、
 ミニクジラのタクシー乗り場が設置されている。

 人語を解する彼らに乗れば、
 区画の移動は楽々だろう。

 世間話好きな黄緑のヒレ飾りを付けた彼に乗るか
 無口な彼に乗るか
 それとも別の誰かを選ぶかは、貴方次第。

 中央通りは区画を分ける大通り。
 大通りを進んでいけば、主なき古城が貴方を迎え入れるだろう。

 ちょうど今、赤髪の男が出てきた辺りが城の入り口。
 中は見学自由になっている観光スポットでもあり、
 都の防衛を任されている兵士たちの詰め所や訓練場でもある。

(#1) 2019/12/04(Wed) 00時頃


疑心の影(村建て人)

 ―― 赤髪の男 ――

 いやいや、彼らは気まぐれだからね。
 私くらいしか管理を気にする者は居ないだろう?

 まったく帰ってきたと思ったらまたすぐに
 どこぞへと冒険に出てしまう
 
 年甲斐もなく、呆れた奴らだろう?
 防護壁の綻びはちゃんと直しておいたとも。

 来年からは後輩達が担当する事に
 なるけれど、……私はこの都が世界で二番目に
 好きな場所でね。

 今度は仕事抜きで、のんびり観光にでも
 訪れるとしよう。

 恩師と友人でもつれて、ね。

(#2) 2019/12/04(Wed) 00時頃


疑心の影(村建て人)

 男は城を出ると、商業区の方へと向かっていく。
 その途中掲示板に目を止めた。

 新聞記事が張り出されて居たからだ。
 記事の内容は"大女優 お忍びでアクリアへ!?"
 "新オープン カフェ「ブラン」港近くに昨日オープン"

 等々にぎやかな話題の続く中、
 片隅に乗った記事は写真もなく、小さくこう記してあった。
 
 "時計屋 エルマー 謎の消失。
  アルフィとジンジャーの間、大通りにほど近い
  場所にあった時計屋 エルマーが忽然と
  姿を消した。閉店の知らせ等は一切なく
  ドアを開いた記者が目にしたのは
  もぬけの殻になった店内だった。
  謎の事件を記者は追い続ける。"

 この記事は、それぞれの区画の掲示板や
 新聞で知ることが出来るだろう。

 ――ともすれば、気づきもしないような小さな事件。
    君は目にするのか、しないのか。
    この事件は海底で泡と消えてしまうのだろうか。**

(#3) 2019/12/04(Wed) 00時頃


疑心の影(村建て人)は、メモを貼った。

2019/12/04(Wed) 00時頃


3人目、魔導人形 ニーナ がやってきました。


魔導人形 ニーナ



    わたしは、
     アルファであり、
      オメガである。

    最初であり、
     最後である。

    わたしは、
     渇く者には
      いのちの水の泉から
       価なしに飲ませる。

 

(1) 2019/12/04(Wed) 01時半頃

魔導人形 ニーナ

[その言葉は、ただ淡々と、然し厳かに。
 歌うように、囁くように紡がれた。

 一見すると人間にしか見えない、とは。
 ――彼女に向けられる賛辞の中で、最も多く与えられたものだ。

 白磁の肌は滑らかで、緩く癖づけられた髪は絹のよう。
 白魚の手に、桜貝ような小さな爪と、華奢な肢体。
 硝子で造られた淡い海色の瞳は澄んだ輝きでもって、
 壁に掛けられた、額縁に収まる文章を眺めている。

 少女とは斯く或るべしという理想を詰め込まれた彼女には、
 然し、重大な欠陥がある。]

(2) 2019/12/04(Wed) 01時半頃

魔導人形 ニーナ

[淡く儚くと造られた柔和な目元に、感情の色はない。
 高い音を響かせた時計へと視線を移し、
 時間を確かめる彼女の目は、異様なほど澄み切っていた。]



 ――午後の鐘。

 "昼食"を用意しなくては。


[行動指針を定めるように口ずさんで、くるりと踵を返す。
 その間も、瞬きひとつ、することはなく*]

(3) 2019/12/04(Wed) 01時半頃

【独】 魔導人形 ニーナ

/*
のあさんやで!!!!!!!!!!!!!!!!!!

>>1 ヨハネの黙示録より。

この世界キリストいんの?とかいってはいけない。

(-0) 2019/12/04(Wed) 01時半頃

魔導人形 ニーナは、メモを貼った。

2019/12/04(Wed) 02時頃


【独】 魔導人形 ニーナ

/*
おい寝る前に読み返したら誤字ってんじゃねぇか
これだからのあさんは

>>#2 ダンテ先生がぶつくさ文句をつけながらおいしいお店を探してくれます 多分
あの人食に興味ないから完全に他人のためである
いや甘味は食べるけども。

そしてニーナの設定にもあの魔法使い関わってくるけど今出すと流石に中身COなので追々にしようね

(-1) 2019/12/04(Wed) 03時頃

4人目、細工師 ハンド がやってきました。


細工師 ハンド

 
 The voice of the sea speaks to the soul.

 The touch of the sea is sensuous,
    enfolding the body in its soft, close embrace. 


 The heart of man is very much like the sea,
   it has its storms, it has its tides and
        in its depths it has its pearls too. 

 

(4) 2019/12/04(Wed) 03時半頃

【独】 細工師 ハンド

海の声が魂に語りかける。
海の感触は心地良く、その柔らかさと密接な抱擁で身体を包み込む。

人の心は海とよく似ていて、嵐があって、潮があって、深さがあって、
そして真珠もある。

(-2) 2019/12/04(Wed) 03時半頃

細工師 ハンド

 
[  ── エグレト。

 過去、古代技術と魔術を融合させし独自の文化を築き上げた
 遥か地の底に存在した都市。 
 数百年前の大地震により崩壊、住民の大半は犠牲となり
 僅かながら生き延びた者も、故郷を追われ流浪を余儀なくされた。
 
 災害を生き延びながらも、故郷を含む数多くの存在を失った
 男・エシュラールが向かった先は─海底都市アクリア。

 災いの前にも海底都市には幾度と足を運んでおり
 知人や友人が存在し、既に馴染みの地であったこと。

 地の底出身には、海底都市の文化、生命、視界に入り込む
 全ての事象が、いとも容易く好奇心を充満させる。
 更には海の絶景を肴に、隠居の如く平穏に過ごすのも悪く無い、と。

 故郷や家族、友人を喪いながらも生き延びた男は、
 余生を過ごす地を、海底都市に選定した。]
 

(5) 2019/12/04(Wed) 03時半頃

細工師 ハンド

 
[ エシュラールは“ハンド”と名乗り、西部区画・ジンジャーの
 更に西の最果てに位置する雑貨屋『シルクス』を営み
 細工師として生計を立てている。

 古代技術や魔術を凝縮した装飾品や魔法具は、
 専門家や蒐集家に根強い人気が高い。
 一方、一般庶民にも手の届く、良心的な値段の品、
 書物や日用雑貨等取り揃え、何でも屋としての一面もある。
 開店閉店は気紛れ、予告無しに数日間閉店することも珍しく無い、
 究極の本人ペースの店ではある。
 
 既にアクリアで暮らし、百年以上が経過した現在
 “ハンド”はアクリアに住む人間の雑貨屋店主として
 知名度もそれなりに高くなっていた。]
 

(6) 2019/12/04(Wed) 03時半頃

細工師 ハンド

── 雑貨店 Scilx ─


[ 本日は潜水艦の運航日。外部からの客も見込める日であり、
 珍しく早朝から開店の準備に勤しんでいると
 新聞配達の店員が新聞を届けに訪れる。
 軽く挨拶を交わし、休憩がてら椅子に腰掛け、記事目を通す>>#3

 カフェ位ならば、気紛れに行く気にもなるが、
 大女優がお忍びで訪れるだか何かには、正直興味が無い。
 過去の歴史や様々な知識こそ豊富であるが、現在の流行や
 ご時世事情等には、てんで疎い。

 新聞を畳み準備再開、と立ち上がった時。
 片隅の記事に目が止まり、目を細める。]


   エルマーが……? 


[ 時計屋のエルマーは、幼い頃に勉学や技術を教えた経験のある
 弟子とも言える顔馴染み。
 その男が消失、となれば、穏やかな気分で居られる筈も無い。
 後に、時計屋を伺おうと決心しながらも、暫くは店を訪れる客の
 対応、観光客の案内等に勤しんでいた。]**
 

(7) 2019/12/04(Wed) 03時半頃

細工師 ハンドは、メモを貼った。

2019/12/04(Wed) 04時頃


【独】 人魚 セレナ

/*
やばいわ、困ったわ。
エルマーはもうずっと前に亡くなってて
代理のエルマーくんは精霊って事にしようと思ってたのよ
NPCに縁故飛んでくるとか思わないじゃない〜〜〜
敢えてめちゃ発言短くしたのに〜〜〜どうしよ〜〜〜

んも〜〜〜NPCに縁故飛ばしちゃう素敵な貴方>>7
誰よ〜〜〜まったく〜〜〜

(-3) 2019/12/04(Wed) 08時半頃

【独】 人魚 セレナ

/*
設定供養だけしておこうかしら。

長命の人魚と、普通の人間が恋に落ちたけれど
人魚は種族の違いで恋した相手を先に送るのが嫌で思いを告げず
人間は臆病で思いを伝えられず、手紙のやりとりだけを
楽しみに生きていたんだけれど

エルマーはもう二十年くらい前に亡くなって
時計屋が大好きだった精霊が、エルマーの思いを
歪に読み取って、自分がエルマーになりきり
セレナとの手紙のやりとりを
続けていたはずが、大災害でセレナからの「最後」の手紙が届かなくなって、拠り所を失った精霊は
ひっそり消えかけている。

セレナからの手紙を探して、エルマー(仮)の
消失を回避しよう!

っていうつもりだったのよ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
やだ〜〜〜〜〜〜〜〜どうしよ〜〜〜〜〜〜
大丈夫48hあるわ、がんばれ私!!!!!!

(-4) 2019/12/04(Wed) 08時半頃

【独】 人魚 セレナ

/*
ハンド君は気にしないでくれな、NPCに
触れるんじゃないよ〜って喚起しなかった
私が悪いんや〜。過去時計屋さんはNPCとの
関わりがよくあったのに、気にしてなかった
私の落ち度よ〜〜〜〜。

(-5) 2019/12/04(Wed) 08時半頃

村の設定が変更されました。


魔導人形 ニーナ

 ―居住区・アルフィ 郊外の館―

[居住区の外れにある、
 古びた館の食堂には、一幅の肖像画がある。

 気の弱そうな、
 どこか緊張した面持ちで描かれた男。

 その絵画の前に、少しのサラダ、
 小さな陶器の皿の上にのせられたパンがいくつか、
 マグにはあたたかいココア。
 この人形を造り上げた技師であり主人であった男が、
 好んだ料理を丁寧に配膳していく。

 ヒトはこうやって、故人を悼むのだと学んだから。

 感情が伴わないとはいえ、 
 習慣となった行動を日課から除外する理由を、
 "食材が無駄である"という点以外に見つけられなかった。
 それだけのことで、何年も続けている。]

(8) 2019/12/04(Wed) 09時半頃

魔導人形 ニーナ

[妻もなく、子もなかった彼の遺産は、
 そのまま彼女が引き継ぐことになった。

 それだけでは目減りしていく一方だと、
 時折研究者や錬金術師や他の人形技師などなどが、
 この人形の構造を明らかにしようとやってきては、
 "研究に協力してくれたお礼"と、
 金銭を置いていくこともある。

 決まって、各々違った表情を浮かべながら、
 "このコアだけは用意ができない" と。
 肩を落として去っていくのだけれど。]

(9) 2019/12/04(Wed) 09時半頃

魔導人形 ニーナ

[特定の目的のための魔導人形なら、
 この街にもそう数は多くはないが、存在している、筈だ。
 そう主人が語ったのを、聞いた記憶がある。

 例えば掃除をするとか、料理をするとか、
 芸をするとか、研究の手伝いをするとか、色々。

 然し、自我を持ち、思考し、行動し、会話する。
 となると、難しい。
 ――らしい。

 主人曰く、魔術とは命じるものであり、
 魔導人形もその例に倣う。
 トリガーとなる行動や状況を予め"命令"しておかねば、
 人形たちは機能しないのだと。
 自我を持て、思考しろ、その上で行動し会話しろ、など。
 曖昧にすぎる命令は、魔術式に書き起こすならば、
 それこそコアがいくつあったとて足りやしない。
 多少模倣できたとて、人間のようにはいかない、とも。]

(10) 2019/12/04(Wed) 09時半頃

魔導人形 ニーナ

造られた存在である彼女にしてみれば、
 理論上難しいことは学び理解したけれども、
 事実自分という存在が在る以上、
 彼らが苦心する理由がわからない。

 生前、そう主人に尋ねた際には、
 きみのコアは特別製だし、
 実のところ、ひとりで作ったわけじゃあないから、
 もう一度造れと言われたら無理だよ。と。
 苦笑いを浮かべた主人に諌められたので、
 それからは言葉にすることをやめた。

 ――代わりに、
 "何故協力者がいると教えないのですか"と尋ねて。
 また、苦笑いを貰う羽目になったのだけれども。]

(11) 2019/12/04(Wed) 09時半頃

魔導人形 ニーナ

[調理場へ戻って、食材の残りを点検する。
 魔力で動く彼女は、食事を必要としない。
 そもそも、消化機能を持たない。
 料理はすべて、故人のため。
 稀に彼の知人が尋ねてくることもあるため、
 その備えでもあるが、この量では些か心許ない。

 思考が至れば、行動するのが早いのは、
 ある意味魔導人形ゆえなのかもしれず。

 手早く準備を済ませて、館を発つまでに。
 数分とかからなかった**]

(12) 2019/12/04(Wed) 09時半頃

【独】 魔導人形 ニーナ

/*
まーた発言ミスってやがるこれだからのあさんは

(-6) 2019/12/04(Wed) 09時半頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

生存者
(8人 32促)

ニーナ
ハンド
エマ
エレキシュガル
カローラ
トーマス
アルセーヌ
カーラ

犠牲者 (1人)

エルマー
(2d)

処刑者 (1人)

カイト
(4d) 注目

突然死 (0人)

舞台に (1人)

セレナ
村を出た人達

一括操作

全員表示
全員非表示
反転表示

発言種操作

↓発言種別フィルタ↓

全て
通常発言
独り言
内緒話
囁き
共鳴
念話
絆話
恋話
誘惑ログ
交信ログ
悪戯会話
精霊会話
死者のうめき
舞台
削除発言
管理系

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.18 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
管理: robin645
共同運営者: 要 亜希