人狼物語 深海国 青サーバー


1180 【RP村】俺に構わず先に行け!

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


スヴェルアビゲイルを占った。
アビゲイル守護者のようだ。


時は来た。村人達は集まり、互いの姿を確認する。
スパインが無残な姿で発見された。


スパインの犠牲と引き換えに、
冒険者一行は先へと進む道を得た。
 
振り返らずに進むしかないのだ。
世界が再び光を取り戻すその日まで――!


現在の生存者は、コフィン、スヴェル、レジーナ、アッタール、アビゲイル、ネストル、ジゼル、テンペランスの8名


今日もパン屋がおいしいパンを焼いてくれたそうです。


魔王 コフィン

―魔王城最上階・玉座の間―
 
 クックックッ……
 
[髑髏の水晶に映し出されるのは
 ジゼル[[who]]の姿――]

(0) 2019/12/03(Tue) 15時頃

疑心の影(村建て人)は、メモを貼った。

2019/12/03(Tue) 15時頃


【赤】 魔王 コフィン

/*
さっそく余の預言外れとるんじゃけど(>>1:*1)
しょぼぼぼ〜〜〜ん(´・ω・`)

(*0) 2019/12/03(Tue) 15時頃

【独】 魔王 コフィン

/*
振り返らずに進むしかないのだ。
世界が再び光を取り戻すその日まで――!
 
 
 
今日もパン屋がおいしいパンを焼いてくれたそうです。
 
この落差

(-0) 2019/12/03(Tue) 15時頃

【独】 盗賊 アビゲイル

/*
完全フレーバーだけど、誰守ろうかなぁ
今のとこ妹の(!?)レジーナ。

(-1) 2019/12/03(Tue) 16時半頃

元魔王軍 ジゼルは、メモを貼った。

2019/12/03(Tue) 17時半頃


【独】 白の魔法少女 レジーナ

/*
ボクは途中で死ねるだろうか(どきどき)


ところで、男女比率によっては男の娘になるプランもありま(ry

(-2) 2019/12/03(Tue) 17時半頃

白の魔法少女 レジーナは、メモを貼った。

2019/12/03(Tue) 18時半頃


勇者 ネストルは、メモを貼った。

2019/12/03(Tue) 18時半頃


亡国の騎士 スヴェルは、メモを貼った。

2019/12/03(Tue) 19時頃


神官 テンペランスは、メモを貼った。

2019/12/03(Tue) 19時半頃


【独】 神官 テンペランス

/*
テンペランス[[who]]

(-3) 2019/12/03(Tue) 19時半頃

【独】 神官 テンペランス

/* なんでオレが出るんだよwwwwwwwww

(-4) 2019/12/03(Tue) 19時半頃

神官 テンペランス

─回想・救済の銃声─

[その右腕は紅く染まっていた。>>1:34]

 ──アビゲイルっ

[あのまま前線で戦うには厳しい傷だ。
男の扱う神秘はどうにも荒々しく、戦闘中の回復はニーナに任せていたのだが……今はもう。

いくら有能な斥候でも、重ねた罪や悪名は付いて回る。凍てつく瞳が>>0:8、処世として身につけた所作が>>0:9、彼女に迫る刃から護る弾を鈍らせてた。

だが、魔法使いが懐いていた。>>1:3>>1:11
村を治める魔女の候補、その直感は侮れるものではない。
現に魔女が懐いた木こりには、祝福が与えられたのだから。
……信じて良いはずだと、引き金を引く。盗賊の女を救うための一撃を。]

 ……治ったんなら気ィ抜くなよ!
 文句も感謝も終わったら聞いてやらァ!

[消えていく傷を確認し、安堵の代わりに吐くのは檄。案外素直なところもあるじゃないかと、顔は笑っちゃいたが。*]

(1) 2019/12/03(Tue) 22時頃

【独】 神官 テンペランス

/* 7/15

自分の事喋ってないと言うより考えてないからいい加減考えないといけない

(-5) 2019/12/03(Tue) 22時頃

【独】 神官 テンペランス

/*
長くしたくないのに長くなるから、もっと要素削らねば………

(-6) 2019/12/03(Tue) 23時半頃

白の魔法少女 レジーナ

えいっ!

[さすがは魔王城といったところか。
迫り来る魔物の数も強さも着実に増している。

大型の人形に向けて、魔法の光で作られた弓を射かけ、相手がガラガラと崩れるのを見届ければふっと息を吐いた。]

うぇ、キリがないよー。

[冷え冷えとした城なのに額に汗を感じて、腕で拭った。*]

(2) 2019/12/03(Tue) 23時半頃

杣戦士 アッタールは、メモを貼った。

2019/12/03(Tue) 23時半頃


盗賊 アビゲイル

― 回想 : 死神 ―

[ アタシには怖いものは無い。…というのは当たらずも遠からじ、と言ったところだ。
強大な敵であっても、パーティーのメンバーとなら向かい合ってゆくことが出来たし、元魔王軍の幹部である死神ジゼルに対しても怖いと感じたことは一度も無かった。過去がどうであれ、少なくとも今の彼女のことは信用している。 ]

  なーなー。何で勇者の方についたんだ?
  一応仲間だったんだろ、アレ。

[ かつての仲間であっただろう者たちが支配していた町を、彼女の大鎌が開放してゆく様>>1:27を見て呟いた。自分が矢面に立つ場面でも無いから毒気も冷たさもなく。

答えが得られずともさして気にすることは無い。大事なのは彼女は今は味方である、という事実なのだから*]

(3) 2019/12/04(Wed) 00時頃

盗賊 アビゲイル

ー 回想 : 宿屋 ―

[ 全くもって不本意だ。ええ本当に。
……酒場にしれっと紛れ込もうとしたら摘み出された。まぁ解禁の年齢には程遠かった時の出来事だから仕方のない事だけどさ。肩をすくめて宿屋に戻り寛いでいると ]

 、勇者様じゃん。何してんのさ。飲んでたんじゃないの。

[ 何やら少し様子のおかしい勇者>>1:26が戻ってきた。
未だにアタシは彼のことを"勇者様"と呼ぶ。もちろん彼の名を知らぬわけが無い。彼が認めなければ他のメンバーがアタシを受け入れることは無かっただろうから、彼には感謝している。

…なのに、"ネストル"と呼ぶには何かが邪魔をする]

(4) 2019/12/04(Wed) 00時頃

盗賊 アビゲイル

 何に拘ってるか分からないけどさー。好きに生きろよ
 アタシ達は好きで勝手に勇者様について行ってるだけなんだからさ。

[ 少々苛立ったように言った。
彼が申し分ない誰もが認める勇者の素質を持っていると認めていた。…のに、「勇者様」のように振る舞う彼の姿を見ると密かに苛立ちが募るのも事実であった

正直なところ、アタシは勇者様のことが少し" 怖い "
世界には「選ばれた人間」がいる。その事実に思い至れば自分の醜い感情と向き合うことが怖くなる。

それに……。最初は年相応だった気もするが、年齢の割に大人びた雰囲気や遥か遠くを見つめるような視線を見ると、彼がふっと何処かへ消えてしまいそうで時々怖いんだ  *]

(5) 2019/12/04(Wed) 00時頃

【独】 盗賊 アビゲイル

/*
この子、日常だったら割と普通に話すことに気づいた

(-7) 2019/12/04(Wed) 00時頃

【独】 盗賊 アビゲイル

/*
大真面目に書いてあったから読み逃してたけど、スパインさんだいぶ不幸属性だな!?笑>>1:21

(-8) 2019/12/04(Wed) 00時頃

亡国の騎士 スヴェル

[盗賊、神官、勇者、死神……職業だったり通り名だったり宿命だったりその意味は異にするが、人には何かしらの“名札”がついてまわる。
……いや、人間だけじゃあない。魔族もか。視界の片隅で閃く大鎌に眼を細める。とにかく有象無象には何かしらの名がついて回り、それは時に標ともなれば枷ともなる。
── 俺の騎士というのもそうだ。これの肩書のおかげで清く正しく美しく…とはいかないものの、真っ当な生は歩んできたとは思う。
俺から僕へ。ガワだけだとしても礼儀とやらは小指の爪垢ほどには身についたし、半ば強制的だったとはいえ弛まぬ鍛錬で救えた命もいくつかはあった。…だから一応は感謝はしている]

せい!

[襲いかかる怪物を盾でいなし、斬撃を叩き込む。降りかかる返り血を気にもせずその死体を掴めば、尚も迫る魔物たちに蹴り込んで機先を制した]

どうした? そんなもんか? 王国に来た連中はもっと骨があったぞ。

[挑発と同時に敵の只中へ躍り出て首を薙ぎ払う。
騎士となって相応の力を得た。だが同時に失ったものもある。もし騎士などという道を歩まなければ、見えた世界も違ったのかもしれない。
あの死神に対して、意固地にならず問うたこともできたのかもしれない。
そして……あの名も知らぬ女性に介抱と施し以上の何かをしてやれたのかもしれない。
あれは駆け出しの頃だ。だからあの時の俺は純粋でもっと自由でいられた。
職務をかなぐり捨てて救助を優先できた。
嗚呼、あの微かに見えた氷のように透き通った瞳のなんと美しかったことだろう。
あの時の俺に出来て今の俺にできないこと──騎士という道が別の道を塞ぐ]**

(6) 2019/12/04(Wed) 00時半頃

神官 テンペランス

─回想・港の酒場─

[神官の癖に酒を飲むのかと言われたら、飲む。
葡萄酒はセーフだと、男は教義から解釈している。
その日も木こりや騎士や勇者やらと一緒に、酒場へと向かった。

聖騎士の告白の話題>>1:21から始まったが、酔いが回ると身の上話が溢れ出る。
木こりの娘の話>>1:10や、勇者の妹の話>>1:24
騎士が語らない理由>>1:32までは察せないが、根掘り葉掘り聞かないのは神官の男もあまり過去を語らないからだ。
家族はいない。教会の前に捨てられていた赤子が男だ。「語る事がない」がより正しい。
捨てられた理由もわからない事は、隠すほどでもないと話しちゃいるが。

旅に出たのだって、復讐の為でも名声のためでもなく、神託が下ったから。
教会に訪れた預言の勇者と共に旅立ち、今に至る。
共に酒を酌み交わし危機を乗り越えれば、その役割以上に仲間としての意識も育った。

同時に、勇者の成長も見ていた。]

(7) 2019/12/04(Wed) 00時半頃

神官 テンペランス

[戦いの腕は成長した。
戦士がいい指南役となったのは、勇者の戦い方を見ればすぐにわかる>>1:21
だが同時に危うさをはらんで行ったことも、不意に気付かされた。>>1:26]

 相互理解ネェ……
 オレも溢れた酒は樽にゃ戻らんと思うがな、っと。

[男にとってこの戦いは全ては預言と神託に従うと言う義務──要は思考停止。
役割以上の感情を旅で得てはいるが、考え続ける勇者との違いはそこだ。

それに、魔族は人間を脅かし、少なからず恨みを持つ仲間が集まっているのだから、あの発言は不用意だろう。
現に、勇者が引き入れた死神は"浮いている"。
ここで不和を呼ぶべきではない。
死神も察しているとは知らないものの、>>1:29
残りの葡萄酒を一気にあおると、男は酒代を置いて席を立った。
ひらめかせる手と笑みはいつもと変化はない。*]

 んじゃ、オレもお先。
 ネスタが道でぶっ倒れてネェか見てくるわ。

(8) 2019/12/04(Wed) 00時半頃

【独】 魔王 コフィン

/*
>>6
こんな喋れるんか1400文字wwwwwwwwwこんな喋れるんやなwwwwwwww

(-9) 2019/12/04(Wed) 00時半頃

【独】 神官 テンペランス

/* 9/15
今日は過去に生きて寝る事になり…そう……だ……

(-10) 2019/12/04(Wed) 00時半頃

【独】 勇者 ネストル

/*
たおれないもん...!

(-11) 2019/12/04(Wed) 00時半頃

盗賊 アビゲイル

[レジーナの手を引いて>>1:37アタシ達は先へ進む

肉弾戦をすることはない、彼女の小さくて綺麗な手。
その温もりを感じて小さくくしゃりと笑った。彼女の攻撃・補助魔法に助けられたこともあったし、アタシが彼女の身近に迫る敵を打ち倒すこともあった。

確かアッタールとも仲が良かったっけ。彼女の真似をしたわけでもないけど、アッタールを「おじさん」と呼んで揶揄ったりして。
…そんな平和の日常の象徴のようにも感じていたのだろう。その手を護りたいと刹那のように思った。
だから一瞬だけ強く握って。離す。――さぁ先へ進もう ]

 おら。死んだら泣き言も言えないぞ。

[無限に湧くかのような魔物を凍てついた刃で薙ぎ払う。
そこには盗賊として油断なく前を見据える冷酷な顔**]

(9) 2019/12/04(Wed) 00時半頃

杣戦士 アッタール

[必ず後から追ってこい。

 そう言いはしたが、天井を支えるスパインに背を向けたとき、もう、覚悟はできていた。
 慈悲の銃声>>1:20が響いたが、それでも、振り返ることはしなかった。
 ここで足を止めることを、きっと、盟友《スパイン》は望まないだろうから。]

 おらっ、行くぞ阿婆擦れ!
 レジーナお前もだ!

[手を繋ぐアビゲイルとレジーナに、早く進めと促しながら。
 斧を振るい、道を切り開こうとする。]

(10) 2019/12/04(Wed) 01時頃

杣戦士 アッタール

[そういえば、あいつはどうした。
 元魔王軍の女……死神、ジゼル。
 彼女が仲間に加わると聞かされた時には、己も、多分に漏れず、嫌悪を顕わにしたものだった。
 今でも、心底から信頼しているとは言い難いかもしれないが、仲間として一定の信用は抱いている、はずだ。

 だが城に突入してから、つい無意識にその動向をうかがってしまうというのは、やはり心のどこかに、いまだ、拭いきれない猜疑心があるからだろうか。]

(11) 2019/12/04(Wed) 01時半頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

生存者
(3人 90促)

アビゲイル
7回 注目
ネストル
0回 注目
テンペランス
9回 注目

犠牲者 (1人)

スパイン
0回 (2d)

処刑者 (5人)

ジゼル
0回 (3d) 注目
アッタール
0回 (4d) 注目
レジーナ
1回 (5d) 注目
スヴェル
2回 (6d) 注目
コフィン
1回 (7d) 注目

突然死 (0人)

裏方に (1人)

ニーナ
0回 注目
村を出た人達

一括操作

全員表示
全員非表示
反転表示

発言種操作

↓発言種別フィルタ↓

全て
通常発言
独り言
内緒話
囁き
共鳴
念話
絆話
恋話
誘惑ログ
交信ログ
悪戯会話
精霊会話
死者のうめき
裏方
削除発言
管理系

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.13 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
管理: robin645
共同運営者: 要 亜希