人狼物語 深海国 青サーバー


816 【突発誰歓】ハロウィンを待ちわびる【ランダ村】

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示



【墓】 真っ赤なセーターの赤い騎士 アロイス

………はは、フラグを回収してしまったな。
ケン、すまない。

(+3) 2016/10/11(Tue) 00時頃

【墓】 真っ赤なセーターの赤い騎士 アロイス

私の死因は、
ロイの次回予告かヤカンか、それが問題だ。

[どっちでもないよ!]

(+6) 2016/10/11(Tue) 00時頃

【秘】 真っ赤なセーターの赤い騎士 アロイス → 真っ赤なビキニ&熊耳 ポポ

もう熊耳はなくなってしまったのかな?
丸い耳は可愛い。
ポポなら兎の耳も似合いそうだ。
私にはとんがった耳か。はは、猫か狐かな。

クッキーにココアは良い組み合わせだったな。
もう少し寒くなると、もっと美味しいんだが。
[笑顔の相手を、微笑ましげに見つめている]

甘いものには辛いもの、というのだ。
あ、勿論、味噌汁もあるぞ!

[まずはクッキーを自分も食べ始める。
チーター(タイタン-or-チーター)クッキーもぐもぐ]

(-7) 2016/10/11(Tue) 00時頃

【墓】 真っ赤なセーターの赤い騎士 アロイス

にゃんにゃん!

(+8) 2016/10/11(Tue) 00時頃

【墓】 真っ赤なセーターの赤い騎士 アロイス

表示的には私がアーサー様を
引っ張ってしまったように見える。
だから、クラースは気にしなくて良いと思うぞ。

>>+10
……え、ええと、秘話で!

引き摺ってしまい、申し訳ありません。

(+17) 2016/10/11(Tue) 00時半頃

【墓】 真っ赤なセーターの赤い騎士 アロイス

しかし、ティム王子も守れず、
アーサー様は引き摺り、
私は何ら使命を果たせていないな。

いや、きっと墓下こそが、
理想の安息の場所だと思ってだな…。

(+20) 2016/10/11(Tue) 00時半頃

【墓】 真っ赤なセーターの赤い騎士 アロイス

アーサー様、私のことはお気になさらず。
お返事はいつでも大丈夫です。

(+26) 2016/10/11(Tue) 00時半頃

【墓】 真っ赤なセーターの赤い騎士 アロイス

………はっ。
王子は王女だったのですね?
それなら1ハイドは平均くらいだと思いますよ!

(+27) 2016/10/11(Tue) 01時頃

【秘】 "統率者" 死神 アーサー → 真っ赤なセーターの赤い騎士 アロイス

[部屋から去って暫くすると、ティーセットを乗せた盆を手に戻って来た。

わざわざ自分で取りに行かなくても、使用人を呼べば済んだが、そうしなかったのは、彼女が部屋に残されたら、どんな顔で待っているのか見てみたかったから。]

待たせたね

[だから、部屋に戻ったときの彼女の様子を見ると、頑張って平静を取り持ってますというのが伺えて]

(-30) 2016/10/11(Tue) 01時頃

【秘】 "統率者" 死神 アーサー → 真っ赤なセーターの赤い騎士 アロイス

[思わずそれを崩したくなった。]

[机の上にティーセットを置くと、彼女の元へ。

近付いて、近付いて、近付いて、彼女が下がれば壁際まで追い詰めて、また先程と同じ距離まで顔を近づけ]

アロイス

[名を呼ぶ声に、顔を上げろと命を込めて

もう一度、唇を奪った。]

(-31) 2016/10/11(Tue) 01時半頃

【秘】 真っ赤なセーターの赤い騎士 アロイス → "統率者" 死神 アーサー

[相手が戻ってくれば、びくりと顔をあげる]

アーサー様、おかえりなさ……。

[御盆を持っていることに気づいて、はっとして]

そ、そのような、
アーサー様にお茶を運んでいただき…、

[申し訳なさに彼の方へ足を踏み出そうとして、
けれどそれより先に向こうが近づいてきた]

(-41) 2016/10/11(Tue) 02時頃

【秘】 真っ赤なセーターの赤い騎士 アロイス → "統率者" 死神 アーサー

[追われれば、反射的に逃げる。
動揺を押し隠すように、後ずさりでゆっくりと。
それでも少しずつ、距離は詰まり。
ついに壁に背がつけば、
半ば怯えたような瞳を隠すように目を伏せた]

……っ、アーサー様…。

[名を呼ぶ声に顔をあげるのと同時、
ニ度目の口付けが落とされる。
浅ましきは、何処かでそれを期待し望んでいた自分がいたこと。
心は直されるどころか、惑わし乱されて。

不安げな瞳を揺らしつつ、
ただ彼を真っ直ぐに見詰めていた]

(-42) 2016/10/11(Tue) 02時頃

【秘】 真っ赤なセーターの赤い騎士 アロイス → 鼠王子 ティム

王子はお返事が丁寧で尊敬しています!
私はどうにも抜けたり追い付かなかったり…。すみません。

木を隠すなら森、と言いますし。[誤用]
ええ、手裏剣でしたら王子でもきっと…!
[壁に勢いよく突き刺さったそれを抜きつつ]
やっぱり地道に筋トレが一番ですね!

筋肉痛は避けられませんね。
ですがそのぶん強くなったと思えば、
痛みも誇らしくあったりします。
どうしても辛いときは、この村のダミーさんに助けて貰いましょう。

抱き付かれオーラ…。
吊りも実は王子に抱き付こうと殺到した人の波に押されて墓下へ、と想像してしまいました。
[人身掌握は命懸け!]

ほぼ存在しない…。
今の王子からは考えられません。
さぞや努力なさったのでしょう。
私はただの女子として、
必要とされる自信も能力もなかったのです。
得意分野を生かした方が、
御役に立てると思いましたし。

(-44) 2016/10/11(Tue) 02時頃

【秘】 真っ赤なセーターの赤い騎士 アロイス → 鼠王子 ティム

アーサー様からは確かに絆を賜りましたが、それは…。
あの方のお考えは、私には分かりません。
私が一番に思うのは、
お邪魔にはなりたくないということです。

歓迎して貰えるならば、
それはとても幸せなことです。

[ふふ、と嬉しそうに、表情を綻ばせた]

おや不敬ではありませんか。
ですが御許しいただけるならば。
[鼠耳、もっふもっふ]
十六ならば、もう青年期かもしれませんね。
でも温かいですよ。

それは素敵な国ですね。
私に関しては、
自分の性格も随分原因となっている気がします。

(-45) 2016/10/11(Tue) 02時頃

【秘】 真っ赤なセーターの赤い騎士 アロイス → 鼠王子 ティム

法被に褌って、そんな祭ありそうですが。
わ、私は無理ですよ!?
王子、どうぞ!

………それにしても、王子が法被を着ると、
ますますマスコット感が。
ああいえ、まるで国の象徴のような!

(-46) 2016/10/11(Tue) 02時頃

【墓】 真っ赤なセーターの赤い騎士 アロイス

某窓に向けて、によによしておくにゃん?
ふふふ。

(+37) 2016/10/11(Tue) 02時頃

アロイスは、ポポをこっそりもふもふした。

2016/10/11(Tue) 02時頃


【墓】 真っ赤なセーターの赤い騎士 アロイス

さて、私もそろそろ失礼しましょう。
アーサー様、お疲れ様です。
体調など崩されませんように。

深夜組へのお夜食です。

[野菜の味噌汁を差し出して、場を辞した**]

(+38) 2016/10/11(Tue) 02時頃

【秘】 "統率者" 死神 アーサー → 真っ赤なセーターの赤い騎士 アロイス

[直してあげるとは言ったが、どう直すかは言わなかった。

こちらを見つめる視線は真っ直ぐで、しかしその瞳の奥には揺れが見える。

ただ、その揺れを消すために何かする事はせず、にこりと笑うと、慣れた動きで彼女の身体を持ち上げた。

膝の裏と背に腕を回して、体の前で持つその抱き抱え方はなんと言っただろうか。]

(-48) 2016/10/11(Tue) 02時頃

【秘】 ちゃんちゃんこ姿の帽子屋 アルレット → アロイス

見えても良いくらいの気概で居るらしいよ。
世の女性は逞しいね。僕は寒いからこんなだけど。

[スカートを少し持ち上げれば、
ドロワーズの裾のフリルがこんにちわ]

そりゃあ作るともさ、職人だと言っただろう?
…まぁ、今は未だ店番要員である事の方が殆どだけど。

[改まる相手にキョトリとして、鏡を胸に抱えて顔を出す。
別段驚くでもなく、ただ不思議そうな顔をして]

男性用だね、デザインは。
さてここで質問だ。君に僕は、どちらに見えている?
男?女?
そもそも僕が使う心算だったと、そう話した筈だけど…。

それともあれかな、
君の普段着はこう、ごてごてのロリータファッションで
使う機会なんて訪れそうもないという意味かな?
だとしたら少し悩むけれど…。…けどどうせ使わないにしても、
似合う人が持っている方がマシだしなぁ…。

お礼がしたいというのなら、使ってくれるのが一番なんだけどな。
それを被って外を歩くという事は、
僕の腕を宣伝して回ってくれるという事だしね。

けど普段着があれであわないなら強要するのも…うーん…

[すっかりロリータファッションの人だと思い込んで居る様だ]

(-66) 2016/10/11(Tue) 06時頃

【秘】 鼠王子 ティム → 真っ赤なセーターの赤い騎士 アロイス

いや、私は人単位で抜けるからな……遅いし。
復窓こなしてたアロイスのが凄いと思うぞ。

正々堂々のナイトと見せ掛けて、実は暗殺の忍者なのだな。
汚いな、さすが忍者きたない。
……威嚇ぐらいには……なるかもしれぬ?
[味方に打撃を与えそうな手裏剣の行方を目で追って]


ああ、ダミーさんは痛み止めだったな。
腕が少し重い位だから、まだ頼らずに行けそうなのだ。

それは圧殺という…
[そういえばあちこち痛いかもしれない]
アロイスは何故落ちて居るのだろう?
被害妄想か、夜叉かな?


今の私も国に戻れば王子の一人に過ぎない。
まだまだなのだ。
アロイスは女性としても、必要としてくれる人は居そうに思うぞ
まあ。折角の腕が勿体無くは思うかな?

アーサーは……使用人を集めて何かしたいのだろうが。
それにしては女人限定の意味が解らぬのだよな。むぅ。
ただの女好きかもしれない←

(-80) 2016/10/11(Tue) 07時頃

【秘】 鼠王子 ティム → 真っ赤なセーターの赤い騎士 アロイス

そうか。
なら、アロイスがこの先どんな選択をとろうと
私の筋トレ係の席は空いていることを、覚えておくと良いのだぞ!

[釣られるようににっと笑って]

撫でられるのは好きなのだ。
父上様や母上様に撫でられた事は余りないのだが。
[嬉しそうに尻尾がゆらあり]
うっ青年期…大人では在りたいが、成長期のままでいたいものだ……
温かいか?冬場に重宝するな。

性格の問題だろうか。
男だの女だの、余り気にしなくても良いと思うのだがなあ、

(-82) 2016/10/11(Tue) 07時頃

【秘】 鼠王子 ティム → 真っ赤なセーターの赤い騎士 アロイス

着ぬぞ!?

せめて今の服の上から着るのだ!


マスコット…
く、黒服がくる……黒服が来てしまう……!!
[がくぶる]

(-84) 2016/10/11(Tue) 07時頃

【秘】 真っ赤なセーターの赤い騎士 アロイス → "統率者" 死神 アーサー

[彼の笑顔が心臓に悪い。
普段通りの見慣れたものの筈なのに、今は息が詰まりそうになる]

………………ひゃっ!?

[次の瞬間、視界が大きく動いた。
少し遅れて何があったのかを理解する。

――――今の状態は、姫抱きという]

アーサー様、な、何を……。

[かつて戯れに他人を抱えたことは有れど、
抱えられたことなどある筈もない。
動揺して彼の腕から落ちそうになり、
慌ててその首元へ抱き着くように両腕を回して。

重いのではないだろうかとか、不敬ではないだろうかとか。
そんな心配に及ぶ思考さえ吹き飛んで、耳まで顔を赤くした]

(-90) 2016/10/11(Tue) 07時半頃

【墓】 真っ赤なセーターの赤い騎士 アロイス

おはよう。

>>!6
時々使ってくれると、私が喜ぶ!

(+84) 2016/10/11(Tue) 07時半頃

【墓】 真っ赤なセーターの赤い騎士 アロイス

需要、ありますにゃー。

[すたっ]

(+88) 2016/10/11(Tue) 08時頃

【墓】 真っ赤なセーターの赤い騎士 アロイス

CN、ハロウィン繋がりなのに被っていなかったの凄いにゃー。

[話を聞きに集った人たちに、朝のワカメの味噌汁を配りつつ]

(+91) 2016/10/11(Tue) 08時頃

【秘】 "統率者" 死神 アーサー → 真っ赤なセーターの赤い騎士 アロイス

ん? こんなに綺麗な格好をしているからね
お姫様扱いしてみたくなったんだ

[首元へ抱きつかれれば、彼女の息がかかる距離。
彼女の顔の熱までこちらに伝わってきている気がして]

よっ……と

[一度落ちそうになった為にずれた腕を戻すついでに、自分の頭を傾げて
彼女の頭にぴたりと付ける。髪同士が擦れ合う様になるが気にせず
そのままベッドの縁まで彼女をゆっくりと歩いて運ぶ。]

降ろすよ?

[一応声をかけてから、ベッドの縁にそのまま座れるように
彼女の躰を下ろして、自分は椅子とテーブルをベッドの近くに寄せて
向かい合うように座った。

さて、まずはテーブルに肘を乗せて、彼女の姿を眺めてみようか。]

(-107) 2016/10/11(Tue) 08時頃

【秘】 真っ赤なセーターの赤い騎士 アロイス → "統率者" 死神 アーサー


―――――〜〜〜ッ。

[はっきりと"お姫様扱い"などと言われれば、
辛うじての抗議すら、することも出来なくなり]

ありがとうございます。

[顔の熱も、速まる鼓動も、全て伝わっているに違いない。
髪を触れ合わせる距離で囁く言葉は、力なく。
やがて静かに目を閉じて、この温かさを記憶に刻んでおこうと。
これが最初で最後だと思うから]

………………。

[優しく下に降ろされれば、姿勢正しくベッドの縁に腰かけた。
テーブルを挟んで彼と向かい合う]

アーサー様…。あ、ええと、私の武勇伝をお望みでしたね?
何時の話をいたしましょう。

[向けられる眼差しの緊張から逃れるように。
胸の前で手を合わせつつ、そんな言葉を口にした]

(-142) 2016/10/11(Tue) 09時頃

【秘】 "統率者" 死神 アーサー → 真っ赤なセーターの赤い騎士 アロイス

[目の前には一人の女性。
頬を朱に染めて、恥ずかしさと緊張に耐えている姿は
端的に言って唆るものがある。]

何時の話でも良いよ
君の話しやすい様に話してくれて構わない

[けど、直ぐに押し倒すのは止めた。
ここまでの反応をしてくれるのは、きっと最初だけだから
花を摘むのは、存分にその様子を楽しんでからでも遅くない。

だから、彼女は今何を考えているのだろう、なんて思いながら
彼女の話を待つ。

その間も視線は彼女からずっと離さずに。]

(-147) 2016/10/11(Tue) 09時半頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:アロイス 解除する

犠牲者 (13人)

アロイス
12回 (3d) 注目

一括操作

全員表示
全員非表示
反転表示

発言種操作

↓発言種別フィルタ↓

全て
通常発言
独り言
内緒話
囁き
共鳴
念話
絆話
恋話
誘惑ログ
交信ログ
悪戯会話
精霊会話
死者のうめき
裏方
削除発言
管理系

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.439 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
管理: robin645
共同運営者: 要 亜希