人狼物語 深海国 青サーバー


1181 【突発誰歓】晴れ時々どんぐり。【R18ランダ】

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


襲うの対象を神に任せ、常盤に決まった。


深雪魔鏡を差し出した。


深雪を占った。
2日目の夜、深雪魔鏡を差し出した。深雪人間のようだ。


【秘】 うさみみ 飴ちゃん → 稀

[ひょこ]

稀ちゃんおやすみ…

[もそもそ布団にもぐりこみ、ぎゅう]

(-12) 2019/12/07(Sat) 01時半頃

【秘】 稀 → うさみみ 飴ちゃん

[「なんでこうなってしまったのか。」
その問に答える前に、彼女がそのまま言い当ててしまった。

言い当てられてしまえば
「大きさなんてしらない」なんて言葉も飲み込んで
顔を赤くしながら、俯くしかなかったけど
それすらも逆効果。

俯いた視線の先には、パジャマをピンと張るくらいに大きなソレと
ソレに触れてくる彼女の手。

熱い? 苦しい?
……そうだよ。
それなのに、そんな風に触られたら余計に――、つらい。

そのつらさは、触れられるたびに大きくなって
やがて、瞳からじんわりと溢れてきた。]

〜〜――……!

(-33) 2019/12/07(Sat) 16時半頃

【秘】 稀 → うさみみ 飴ちゃん

素直にえろえろするルートで数回書き直してたら
素直じゃないルートになってた……、ふしぎ。

[お酒のせいであまあまが薄らいだので補充したかったとも言う]

(-35) 2019/12/07(Sat) 16時半頃

>>+80

>>+19も>>94も見えてる、よ?

(103) 2019/12/07(Sat) 16時半頃

[凍えながら一撃とーじょー。
でも寒い、寒すぎるから暖をどうにか確保せねば……]

(104) 2019/12/07(Sat) 16時半頃

【秘】 みゅう → 稀

稀は赤にいるからだと思う

(-36) 2019/12/07(Sat) 16時半頃

【秘】 稀 → みゅう

・・・!?
そ、そっか。
私赤窓持ってた、ね……(めそらし

(-37) 2019/12/07(Sat) 16時半頃

[どうやら自分の役職を忘れていた様子。

恥ずかしいのでこたつむりになります。]

(106) 2019/12/07(Sat) 16時半頃

は、こたつをどこからか持ってきて、もぞもぞもぞ。

2019/12/07(Sat) 16時半頃


【秘】 みゅう → 稀

昨日赤窓全く機能してなくて驚いた

風邪引かないように暖かくなー

(-38) 2019/12/07(Sat) 16時半頃

【秘】 うさみみ 飴ちゃん → 稀

[俯く顔を覗き込めば、引き結んだ口からは声ならぬ声を発して、じわりと瞳が潤んでゆく様がとても辛そうに見える。
逆効果かなと掴んでいた熱から手を離し]

そんな我慢しなくても、嫌いになったりしないよ?

[代わりに俯く頭に手を伸ばして
あやすように撫でると、ぎゅうっと抱きしめた。]

男の子の稀ちゃんもすき
むしろ反応してくれて嬉しい…?

[そのまま身体を預けると、いつものように頬擦りをして微笑みかける。そして半疑問形に濁した台詞に合わせて、こてっと首を傾げた。]

これどしたら戻るんだろね?

(-42) 2019/12/07(Sat) 17時頃

【秘】 うさみみ 飴ちゃん → 稀

感性に従うのです
素直じゃない稀ちゃんとてもかわゆい、おもちかえり!

[がしむぎゅー]

(-43) 2019/12/07(Sat) 17時頃

【秘】 稀 → うさみみ 飴ちゃん

[彼女は自分の様子を察してか、ソレから手を離した。

でも、大きくなった熱は小さくなる訳でもなく
それどころか、手を離された事も……、つらかった。

もう何をされても、心の何かが張り裂けそうで
どうしたらいいのかわからない。

それがまたつらくて、余計に涙が溢れそうになった時
ふわりと甘い匂いに包まれて]

――っ!

[ドクンと心臓が跳ねた。

それは私が男になっているからだろう。
抱き合って眠ったときには、こんなに心臓は跳ねなかった。

……嗚呼。
だから、つらかったんだ。

女で抱き合う時にはなかった欲が
男で少し触れられただけで湧き上がるから。

本当の自分が、仮初の自分に負けたんじゃないかって思えて
それがとても、つらかった。]

(-48) 2019/12/07(Sat) 18時半頃

【秘】 稀 → うさみみ 飴ちゃん


………。

[なら、どうする?

その問の答えはとても簡単。
女に戻った後、今よりもっと彼女を欲せば良い。

だから、早くコレを外せば良かったんだけど……
ちょっと"聞き捨てならない言葉"が聞こえてきた。

私(女)まだ、好きって言われてなかったのに……。

"も"好きと付けられていても、やっぱり女の時に言われたかった。
この気持ちは私(女)のもの。

自分に対して悔しいと思うこともそうそう無いけれど
それと同時に、男の私に対して先にすきって言った彼女がちょっといじらしい。
その言葉が私を気遣っての言葉である事はわかってても、いじらしい。

だから、ちょっとだけ仕返しがしたくなった。

幸い今は、慰められている所。
涙は未だ乾いておらず、表情だって見られていない筈。

だから――]

(-49) 2019/12/07(Sat) 18時半頃

【秘】 稀 → うさみみ 飴ちゃん


………ほんと?
いや、じゃない?

[精一杯の不安の声を出して答えれば、
いつもの様に笑ってくれる。

首を傾げながらの問だって、ほら。想定通り。]

……どう、だろう?
――だ、出したら、戻る、かも?

[じゃんけんで勝てばいいと言う事も、思い出しているけれど
口には出さない。

仕返しにコレは必要だから。

見たことないけど、今ついてるコレは多分、すごく、すごいから。
男の人だって大きさとか気にしてるらしいし、凄いほうが良いのだろう。

だから、コレを使って飴ちゃんに仕返しするの。

勿論元に戻ったら、今回以上に凄いことするけれど
今は覚悟してね? 飴ちゃん。]

(-50) 2019/12/07(Sat) 18時半頃

【秘】 稀 → うさみみ 飴ちゃん

赤差分使用解禁のお知らせ
尚、全部バレバレで逆にお仕置き?でもばっちこーい
前フリで長くなっちゃったけど、縮めてくれると嬉しいよ! よ!
えろるより何かエピソード増やしたかったら暗転でも!


[時系列的には言われてないで合ってる筈...筈...!]

(-51) 2019/12/07(Sat) 18時半頃

[暖かくなったらお腹が空きました。]

Bレモン(Aバターロール&クロワッサン-or-Bレモン)
B梅干し(Aカリカリベーコン&エッグ-or-B梅干し)
B酢こんぶ(Aソーセージ&ミートボール-or-B酢こんぶ)
B黒酢リンゴジュース(Aクリスプ入りコーンスープ-or-B黒酢リンゴジュース)

A多:窓とか秘話の内容をぽろり!ない人は腹筋10回じゃ
B多:誰の顔がドキッとする好みか告白じゃ
AB同:常盤[[alwho]]が寂しそうじゃ、の方を向き呪文の詠唱を始めた[[act]]して構うのじゃ

(124) 2019/12/07(Sat) 19時頃

[レモン、梅干し、酢昆布、黒酢りんごジュースをこたつの上に並べて]

飴ちゃん……

[このメニューじゃお墓はいっぱいにならない。。。]

あ、もう一個ご飯あった。

☆ホットになれるマーラーたん☆

辛さ1(1..3)x1
1.ピリ辛 2.中辛 3.激辛

幅広(細い-or-幅広)春雨

具材 11(1..14)x1 11(1..14)x1 11(1..14)x1
1.白菜 2.木耳 3.もやし 4.油揚げ 5.肉団子
6.パクチー 7.トマト 8.豚肉 9.豆腐 10.ナス
11.たまご 12.えのき 13.青梗菜 14.ねぎ

デザート
マンゴープリン(杏仁豆腐-or-マンゴープリン)

(125) 2019/12/07(Sat) 19時頃

・・・・・・・・・。

(126) 2019/12/07(Sat) 19時頃

[私一人ではちゃんとしたご飯にはありつけないことがわかった19時。]

>>128
交換して……ください……

[卵を沢山差し出して]

(129) 2019/12/07(Sat) 19時頃

>>131
えっと、クロワッサンで

[色々を半分づつお皿に分けてもらった。]

あ、はい どうぞ

[たまごのまーらーたんと、まだのこってるたまごをどうぞ]

(133) 2019/12/07(Sat) 19時半頃

【秘】 うさみみ 飴ちゃん → 稀

もどってきたら赤稀ちゃんが誕生する流れに?
ジェラるのかわいい…お返事にとりかかる!

暗転はしないけど、一緒にスーパーに買い出ししてフルーツタルトとかお菓子をわちゃわちゃ作ってあーんしあうのとかいいなとか。余裕できたらくらいの気持ちで
[時系列あってる、だから言っちゃうか迷ってました]

(-65) 2019/12/07(Sat) 21時頃

【秘】 うさみみ 飴ちゃん → 稀

[問いかけるも、暫く黙りこくっている彼女に
突然の事で混乱しているのだろうと返事を急かす事はしなかった。その内心は知るべくもなく、俯く彼女を心配する視線を投げかけている。

やがて、おずおずと口を開く彼女の言葉に
「いやじゃないよ」と念押ししてから]

…あ、やっぱり
出さないと、だめっぽいよね…

[こういう展開のお約束、解決法は大方想定していたものだった。一瞬、いいのかな?とか色んな懸念が湧き上がるけども、稀ちゃんの重大なシーンの前では些細な事。
なによりも誰にも"その役目"は譲りたくない。

だから、あっさりと申し出る]

…じゃ、じゃあ……私がお手伝い、するね?

[そそっと赤くなった顔を横に背けつつ、何か言われる前に彼女の下半身の前を陣取ってしまう。
手を腰にやって、下のパジャマを降ろしていい?と、ちらりと視線で尋ねている。]

(-67) 2019/12/07(Sat) 21時半頃

【秘】 稀 → うさみみ 飴ちゃん


……うん。

[私の言葉を素直に信じてくれる事が嬉しい。
「いやじゃないよ」と気にかけてくれる事も嬉しい。

だから、嘘をついていることにちょっとの罪――
ちがうちがう、これはお仕置き!
気にしちゃダメ。

うん。と改めて心を強く持っていると、彼女は手伝うとの宣言の後、こちらが何か言う前に私の膨らみの前に移動していた。

そして、そのままの流れで私の腰に手が伸びる。

躊躇いない行動の速さに少しだけ驚いていると、彼女の問いかけるような視線。勿論意味はわかる。]

いい、よ。

[言葉にすれば、彼女は始めてくれるだろう。

ちなみに、この後一番最初に起きるアクションは既に決まっている。]

(………うわぁ…。)

[それは、自分の体にちょっと引くという、なかなか無い事だった。]

(-76) 2019/12/07(Sat) 22時半頃

天ぷらの時間……?

13(1..20)x18(1..20)x19(1..20)x1

1えび 2いか 3なす 4かぼちゃ
5舞茸 6ほたて 7かきあげ
8れんこん 9鶏天 10フグ 11白子
12たまねぎ 13大葉 14たけのこ
15椎茸 16さつまいも 17キス
18エビドリア[[food]] 19長靴[[piscis]]
20好きなもの

2(1..6)x1
1明日のご飯をリクエストする
2ドキッっとした瞬間[[talk]]の話
3ムームー[[cos]]がきた!
4学生時代の成績表がぽろり[_schoollife_★]
5あなたが異世界転生した時のステータス[_draque_★]
6レベルが上がった[_lvup_★]

(191) 2019/12/07(Sat) 22時半頃

大葉、れんこん、鶏天 さっきと比べたら天国……!

ドキッっとした瞬間……?
うぅ、頑張って思い出す。。。

(199) 2019/12/07(Sat) 22時半頃

【秘】 ブレザー 飴ちゃん → 稀


───っ、ひゃっ!?

[つい口からでた驚愕は、下を降ろした直後に視界に映ったモノに対してのもの。
初めて見るというのもあるけど、目の前の凶悪な外見と存在感にとても無反応ではいられなかった。]

(こんなに、おおきいの…?)

[そっと手で触れてみると、布越しとは違った感触。ごつりとした固さと、熱。ふるふると揺れる先っぽは皮に包まれていて、奥から何かが染み出している。
ほのかに漂う匂い。これが栗の花とか言われてる匂いだろうか、と顔を寄せて、すんっと鼻を鳴らす。]

すご………えっと、むいちゃうね…?

[男の子になったばかりだから不衛生という事はないだろうけど、なんとなくそうした方がいいかな、と。
優しく巨棒の先を手で掴むと、皮の部分を降ろしていく……。

つるりとした中身が顔を出せば、少し可愛い、と思った。]

…大きいけど、なんか可愛いね?
えへへ、熱くなってる…

[剥き出しになった熱全体を優しく撫でながら、私は上目で彼女に笑みをみせる。可愛いと思うのも、彼女のものだからだろう。
彼女の大事な部分だから、そう思うと愛しげに映るから不思議。ぴとりと顔をつけて、すりすりと頬擦りして目を細めた。]

でも、おくちに入るかなぁ……?

[そうして、這わした細い指を絡めてゆっくりと上下に動かし始めながら、自信無さげに呟いた。]

(-78) 2019/12/07(Sat) 23時頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:稀 解除する

生存者
(4人 40促)

0回 注目

一括操作

全員表示
全員非表示
反転表示

発言種操作

↓発言種別フィルタ↓

全て
通常発言
独り言
内緒話
囁き
共鳴
念話
絆話
恋話
誘惑ログ
交信ログ
悪戯会話
精霊会話
死者のうめき
舞台
削除発言
管理系

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.33 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
管理: robin645
共同運営者: 要 亜希